概要

理念

さらなる可能性を広げたい方に
学ぶ楽しさを知り
「考える力」「生きる力」を育て
自分の好きな事で社会を豊かにする
次世代を育成します

スローガン

ゲーム感覚で学びを楽しもう!

教育理念

自分で考えて行動出来る人を育てます

教育方針

常に生徒目線で、押し付ける事は一切せず、一人一人の個性を伸ばすサポートをします

めざす姿

誰もが認め合える社会作り

子育て、介護、仕事をする上で大切な事は、認め合うことです。出来て当たり前ではなく、出来なくって当たり前。
みんなで認めて褒め合っていたら、虐待・不登校・引きこもり・うつ病などの社会問題は減ります。
出来るようになるプロセスを大切にして、「一つ一つ出来た事を、共に喜び合える社会作り」を目指しています。

SDGsへの取り組み

内閣府の地方創生SDGs官民連携プラットフォームに登録されました。

地方創生SDGs管民連携プラットフォーム。私たちは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

代表プロフィール

武田規公美一般社団法人 五感脳トレーニング協会 代表理事
  • 1999年中京短期大学保育科卒業 保育士を経て、通信制高校のサポート校で勤務
  • 2004年に親子教室「チャイルドガーデン」開校
  • その後、日本教育の丸暗記教育に疑問を感じ、アメリカの教育機関での研修を経て、
    2014年一般社団法人五感脳トレーニング協会設立

資格
  • 保育士
  • 幼稚園教諭2種
  • 子ども英会話教師
  • チャイルドケアソリューション
    (アメリカ教育の資格)
  • MOVEコーチング認定
    (アメリカのコーチング資格)
  • レクレーション介護士
職歴
  • 保育園
  • 通信制高校のサポート校
  • 知能開発教室
渡航歴
  • アメリカ(ソルトレイク・ロサンゼルス・サンフランシスコ・ラスベガス・ハワイ・グアム)
  • オーストラリア
  • ニュージーランド 
  • フランス
  • メキシコ
  • バンコク
  • カンボジア

代表よりご挨拶

通信制校のサポート校で勤務をしていた時に、掛け算・割り算を足し算にしている子たちや、作文を3枚書かないといけない所3行しか書けれない子たちが多く、日本教育に疑問を感じました。色々と調べる中で「世界の大学ランキング」をみつけました。アメリカは10位以内に6校入っていて、日本は100位以内に2校しか入っておらず、こんなにも違うなら教育も異なると思いアメリカのソルトレイクの学校に研修に行きました。

アメリカの学校では、自由に発言をして一人一人の意見を大切にします。答えが違っていてもその子のプロセスがしっかりしていると、ハグをしておもいっきり褒めて自信を育てていました。
その中で感じた事は、「日本教育は暗記形式の結果重視教育で受け身型」で、「アメリカン教育はディスカッション形式のプロセス重視教育で自発型」だと感じました。

そして、アメリカン教育を導入したゲーム感覚の五感脳トレーニングを、約10年掛かり開発をしました。子供たちのレッスンでは、1年でIQが14~36上がり、口コミで企業研修、商工会議所の経営者研修、行政の認知症予防講座なども行うようになりました。現在は、生後3ヵ月~97才までの方々が受講されています。

保護者のケアーにも力を入れていて、誰にも相談をできずに孤独と戦っている保護者のサポートもしっかりと行っています。
「ゲーム感覚で学びを楽しもう!」をスローガンに、「さらなる可能性を広げたい方に、学ぶ楽しさを知り「考える力」「生きる」を育て自分の好きな事で、社会を豊かにする次世代を育成します」の理念の元、人間力も育てる教育をしています。